Encyclopedia of 1:1250 scale model ship

my collection of 1:1250 scale modelships

JMSDF: 海上自衛隊 護衛艦発達史

草創期(1952〜1960ごろ)

 

海上自衛隊の発足と艦艇整備

朝鮮戦争の勃発とともに自衛隊の前身である警察予備隊が発足し(1950年)、日本は再び戦力を保持することとなった。 

1952年には海上警備隊が組織され、1954年自衛隊法施行とともに海上自衛隊と名称変更された。

発足当時の目的は、もちろん日本周辺海域の警備活動であり、具体的には、強い南進意向を示すソ連海軍(太平洋艦隊)の特に潜水艦の行動に対し警備行動をとることであったため、対潜能力の充実が求められた。

 

貸与艦の時代

海上警備隊発足当時、1952年に締結された日米船舶貸借協定に基づき、多数の駆逐艦護衛駆逐艦、上陸支援艦艇が、米海軍から貸与され、黎明期の海上自衛隊の戦力の中核を構成した。

 

PF くす級護衛艦(1953- 同型艦18隻)

18隻の米海軍のタコマ級パトロールフリゲートが貸与された。

18ノットの低速ながら、3インチ単装砲3基、40ミリ連装機関砲2基を装備し、ヘッジホッグ、爆雷投射機8基、爆雷軌条等の対潜装備を搭載。質量ともに草創期の戦力の主力を構成した。(1450トン)

(74mm in 1:1250  Delphin社製のモデルを転用。主砲のみ3D printing makerのSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20190915171955j:plain

ja.wikipedia.org

タコマ級フリゲート - Wikipedia

Tacoma-class frigate - Wikipedia 

 

DD あさかぜ級護衛艦 (1954- 同型艦2隻)

米海軍から貸与された2隻のリヴァモア級駆逐艦(エリコン・メイソン)である。

既に米海軍在籍当時に旧式艦として扱われ、魚雷発射管を撤去して掃海駆逐艦の艦種変更していたが、37ノットの速力を誇り、5インチ単装砲4基、40ミリ四連装機関砲2基、爆雷投射機4基等を装備していた。1600トン。

(85mm in 1:1250  Neptune社製モデルをベースに、模型的には船体中央の魚雷発射管を撤去。主砲塔を3D printing makerのSNAFU store製のWeapopn setの5インチ砲塔に換装、2番主砲塔直後にヘッジホッグ、3番主砲塔前に連装機銃座をそれぞれ追加)

f:id:fw688i:20190915171236j:plain

ja.wikipedia.org

グリーブス級駆逐艦 - Wikipedia

Gleaves-class destroyer - Wikipedia

  

 DE あさひ級護衛艦(1955- 同型艦2隻)

米海軍から貸与された2隻のキャノン級護衛駆逐艦(アミック・アサートン)で、いずれも長船体タイプである。大戦中に量産された代表的な護衛駆逐艦であり、対空・対潜装備に充実していた。1240トン、速力20ノット、3インチ単装砲3基、40ミリ連装機関砲3基、ヘッジホッグ、爆雷投射機8基等。

(75mm in 1:1250  Neptune製キャノン級をほぼそのまま転用)

f:id:fw688i:20190915171304j:plain

ja.wikipedia.org

キャノン級護衛駆逐艦 - Wikipedia

Cannon-class destroyer escort - Wikipedia

  

LSSL ゆり級警備艇 (1953- 同型艦50隻)

前述のくす級18隻の貸与と同時に、50隻のLSSL(上陸支援艇)が貸与された。揚陸支援を目的に開発された艦種であるために、喫水が浅く、航洋性に乏しいが、小さな船体の割には大きな兵装を保持していた。300t, 12ノット、40ミリ連装機関砲3基等。

(39mm in 1:1250  Hai製LSSLをほぼそのまま転用)

f:id:fw688i:20190915171324j:plain

ja.wikipedia.org

上陸支援艇 - Wikipedia

  

国産護衛艦 の新造(プレ一次防・一次防)

昭和28年度予算で、16隻の艦艇建造が認められ、いよいよ国産護衛艦の時代を迎えた。所謂、プレ一次防、一次防での護衛艦整備が始まった。

 

DE 護衛艦あけぼの

前述の28年度予算で建造が認められた3隻の乙型(小型)警備艦の1隻である。本艦のみ推進機関は蒸気タービンである。3インチ単装砲2基、40ミリ連装機関砲2基、ヘッジホッグ1基、爆雷投射機8基を装備している。1060トン、28ノット。

(71mm in 1:1250  Hai製をほぼそのまま)

f:id:fw688i:20190915171357j:plain

ja.wikipedia.org

JDS Akebono (DE-201) - Wikipedia

 

DE いかづち級護衛艦同型艦2隻)

前出の「あけぼの」と同じく28年度予算で建造された3隻の警備官のうちの2隻である。 「あけぼの」が蒸気タービンを主機に採用したのに対し、本級はディーゼルを主機としている。主要な兵装は「あけぼの」と同じく、3インチ単装砲2基、40ミリ連装機関砲2基、ヘッジホッグ1基、爆雷投射機8基である。1070トン、25ノット。

(70mm in 1:1250  Hai製をほぼそのまま) 

f:id:fw688i:20190915171430j:plain

ja.wikipedia.org

Ikazuchi-class destroyer escort - Wikipedia

f:id:fw688i:20190915171452j:plain

(直上は昭和28年度予算で建造されたDE:乙型(小型)護衛艦3隻。左から、あけぼの、いかづち、いなづま)

 

DD はるかぜ級 護衛艦同型艦2隻)

28年度予算では前出の3隻の乙型警備艦に加え、「はるかぜ」級2隻の甲型警備艦の建造が認められた。本級は旧日本海軍の白露級駆逐艦、米海軍のギアリング級駆逐艦を基本設計の参考としたとされている。主機には蒸気タービンを採用し、30ノットの速力を得た。兵装は5インチ単装砲3基、40ミリ四連装機関砲2基、ヘッジホッグ2基、爆雷投射機8基等を主要兵装として搭載している。1700トン。

(85mm in 1:1250  Hai製をほぼそのまま。主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装

f:id:fw688i:20190915171520j:plain

ja.wikipedia.org

Harukaze-class destroyer - Wikipedia

  

DE 護衛艦わかば(1956-)

本艦は新造艦ではなく、旧海軍の丁改型駆逐艦「梨」の後身である。本艦の前身である「梨」は、太平洋戦争末期に米海軍の空爆で瀬戸内海で沈没。のちに引き揚げられ、自衛艦として再就役した。兵装は一旦すべて撤去され、実用実験隊に所属し、新型兵装の実験装備等に従事していた。1250トン、26ノット、で、兵装は都度異なるが、1957年ごろの兵装は、3インチ連装速射砲1基、ヘッジホッグ1基、爆雷投射機4基等であった。

(80mm in 1:1250  写真はNeptune製程型駆逐艦:松級の竣工時の姿。自衛艦時には兵装は全ていったん撤去のうえ、実験的な装備を追加した。※後日、自衛艦時への改造を予定しています。自衛艦時のモデルを製作次第、アップします)

f:id:fw688i:20190915171543j:plain

ja.wikipedia.org

  

DD ありあけ級護衛艦(1959- 同型艦2隻)

本艦も新造艦ではなく、米海軍フレッチャー級駆逐艦2隻の貸与を受けたものである(ヘイウッドL. エドワーズ・リチャードP. リアリー)。当初から両艦ともに練習艦任務に充当されることが多かった。

2050トン、35ノット、5インチ単装砲4基、40ミリ連装機関砲5基、爆雷投射機6基

(93mm in 1:1250 Neptune製フレッチャー級をベースに、船体中央の魚雷発射管を撤去、主砲塔をSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20190915171617j:plain

  ja.wikipedia.org

Fletcher-class destroyer - Wikipedia

 

 DDK あやなみ級護衛艦(1955- 同型艦7隻)

対潜能力の充実に重点を置いた護衛艦として、1955年から1958年にかけて、7隻が建造された。

前出のはるかぜ級護衛艦退けんずの経験を踏まえ、これを拡大強化する形で設計された。設計方針は前級とは大きく異なり、砲熕兵器を抑える代わりに対潜装備を拡充した。

1700トンの船体に蒸気タービンを主機として搭載し、32ノットの速力を発揮することができた。砲熕兵器は前級の5インチ単装砲3基から口径を抑えた3インチ連装速射砲3基として、単発での威力よりも速射性能を充実させた装備となった。一方、初めて対潜誘導魚雷および短魚雷を搭載、さらに旋回能力のあるヘッジホッグ、爆雷投射機などを搭載し、対潜戦闘能力を充実させた。

本級、およびこれに続く「むらさめ級」、「あきづき級」は、その船体の特徴として、長船首楼型の船型を採用したが、強度の弱点を補う方法として、接合部に緩やかな傾斜をつけた連続した甲板の形態をとった。この傾斜からこの3クラスは「オランダ坂」型護衛艦と呼ばれ親しまれた。

(89mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20190915171649j:plain

(直下の写真は、本級および「むらさめ」級、「あきづき」級等の昭和30年度予算護衛艦の特徴の一つである、所謂「オランダ坂」のアップ)

f:id:fw688i:20190915182727j:plain

ja.wikipedia.org

Ayanami-class destroyer - Wikipedia

 

DDA むらさめ級護衛艦(1959- 同型艦3隻) 

前出の「あやなみ級」が対潜戦闘能力を充実させた護衛艦であるのに対し、本級は砲熕兵器の充実による対空戦闘能力の充実を図った護衛艦として、1956年、1957年にかけて3隻が建造された。

「あやなみ級」とほぼ同様の船体を持ち、1800トンの船体に蒸気タービンの主機を搭載し、30ノットの速力を発揮した。

新型の54口径5インチ単装砲3基を新設計の砲塔に搭載(Mk 39 5インチ砲)し、併せて、「あやなみ級」と同じ3インチ連装速射砲を2基搭載、対空砲熕戦闘能力を格段に強化した設計とした。

一方、「あやなみ級」の装備を基本としながらも、魚雷装備は短魚雷の搭載のみにとどめ、旋回式のヘッジホッグ、爆雷投射機等を装備した。

(87mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに5インチ単装砲、3インチ連装速射砲をSNAFU store製のWeapopn setに換装) 

f:id:fw688i:20190915171723j:plain

ja.wikipedia.org

Murasame-class destroyer (1958) - Wikipedia

 

DD あきづき級護衛艦(1960- 同型艦2隻) 

旗艦装備を備えた汎用護衛艦として、1960年から2隻が建造された。

「あやなみ級」、「むらさめ級」に比べ船体は同一設計思想ながらやや大型化し、2000トンに達した。蒸気タービンを主機として32ノットの速力を発揮した。

砲熕兵器は「むらさめ級」を踏襲し、新型の54口径5インチ単装砲3基を新設計の砲塔に搭載(Mk 39 5インチ砲)し、加えて3インチ連装速射砲を2基搭載した。対潜兵器としては、米海軍より新たに供与されたMk.108「ウェポン・アルファ」 324mm対潜ロケット砲を搭載し、加えて、従来のヘッジホッグ、4連装魚雷発射管、短魚雷落射機、爆雷投射機等を搭載し、対空。対潜、いずれも非常に充実した装備となった。

(97mm in 1:1250  Hansa製モデルをベースに、喫水がやや高いため船体下部を金属用ヤスリでガリガリ削り調整。5インチ単装砲、3インチ連装速射砲をSNAFU store製のWeapopn setに換装。前部3インチ連装速射砲直後の対潜ロケット砲が特徴。丸い砲塔が、なんとも良い)  

f:id:fw688i:20190915171748j:plain

ja.wikipedia.org

Akizuki-class destroyer (1959) - Wikipedia

(直下の写真は、昭和30年度以降の予算で建造されたいわゆる「オランダ坂」甲板を持つ護衛艦3クラス。奥から汎用護衛艦(DD)あきづき級、対空護衛艦DDK)むらさめ級、対潜護衛艦(DDE)あやなみ級)

f:id:fw688i:20190915171807j:plain

(直下の写真は、昭和30年度以降の予算で建造されたいわゆる「オランダ坂」甲板を持つ護衛艦3クラスを上から見たもの。上から汎用護衛艦(DD)あきづき級、対空護衛艦DDK)むらさめ級、対潜護衛艦(DDE)あやなみ級。主砲配置等の際がよくわかる)

f:id:fw688i:20190915171828j:plain

 

最後の「オランダ坂護衛艦群で、護衛艦の機能分化の方向性が示された。以降、護衛艦の開発はそのような方向性をより強く意識したものになってゆく。


本格的国産護衛艦の時代

第2次防衛力整備計画以降、国産護衛艦の建造が本格化した。

この時期に、海上自衛隊護衛艦種の整備方針、並びに基礎となる建艦技術、兵装方針等が確立してゆく。

 

DDE いすず級護衛艦 (1961- 同型艦・準同型艦 4隻)

ja.wikipedia.org

Isuzu-class destroyer escort - Wikipedia

 

第1次防錆力整備計画(1次防)に準じ、沿岸部での対潜哨戒、船団護衛を主目的として建造された乙型(小型・沿岸部用)護衛艦である。(1490トン)

 

大きな特徴としては、初めて遮浪甲板型という船型が取り入れられた点である。この船型は、通常の平形甲板型の船体にさらに一層の全通甲板重ねた船型であり、これにより格段の船内スペースを確保することができ、発達著しい電子装備類、空調機器に対するスペースが確保され、併せて居住性が格段に改善された。以降の護衛艦の船型の基礎となった。

主機はディーゼル機関を採用し、25ノットの速力を発揮した。

主砲には、前回紹介した「あやなみ級」で採用された50口径3インチ連装速射砲(アメリカ製のMk.33をライセンス生産した57式)を艦首・艦尾に1基づつ搭載した。

ja.wikipedia.org

本砲は半自動式砲で、ラピッドファイアと呼称され、毎分45発(砲身あたり)の射撃速度を持つ優れた砲である。

対潜装備としては、初めてヘッジホッグを廃止し、「あきづき級」と同じくMk,108対潜ロケット砲と対潜誘導魚雷を搭載し、更に爆雷投射機と投射軌条を装備している。

 

Mk.108対潜ロケット砲は、ロケット弾を目標近辺に投射し、搭載する磁気信管で目標を感知させ炸裂させるもので、250−800メートルの射程を持ち、毎分12発投射することができた。

ja.wikipedia.org

 (筆者はこの対潜ロケットが大好きです。というのも小学生の頃の愛読書、小沢さとる先生の名作「サブマリン707」に登場していまして、なんと未来的な(SFなんて言葉知らなかったからね)すごい兵器なんだろう、というのが原体験なのです。興味のある方は是非ご一読を)

f:id:fw688i:20190921205626j:plain

サブマリン707 - Wikipedia

 

 本砲は、期待の新兵器として導入されたものの、 不発率が高いなどの欠陥を抱えており、運用部隊には不評で、後にM/50のライセンス生産版である71式ボフォース・ロケット・ランチャーに換装された。 
ja.wikipedia.org

 

(74mm in 1:1250  実はいすず級のモデルは、1:1250スケールではどこを探しても見当たらない。そこでほぼ寸法等が近いDelphin社のちくご級をベースにセミクラッチしたものが、直下の写真。武装は最近よくお世話になっているSNAFU store製のWeapopn setを用いた)

f:id:fw688i:20190921202549j:plain

f:id:fw688i:20190921203517p:plain

(筆者の大好きな対潜ロケットは、前回紹介したHansa社製の「あきづき級」のモデルから移植した)

 

 DDG ミサイル護衛艦 あまつかぜ(1965- 同型艦なし)

ja.wikipedia.org

JDS Amatsukaze - Wikipedia

海上自衛隊初の艦対空ミサイル搭載艦、いわゆるミサイル護衛艦で、1次防で1隻のみ建造された。 次級のたちかぜ級護衛艦「たちかぜ」の就役までの11年間、当時は海上自衛隊唯一の艦対空誘導ミサイルの搭載艦であり、その後も数次に渡り段階的にミサイル護衛艦が導入されたため、自衛艦としては異例の30年の長期間、現役にあった。

船型は、上述の「いすず級」護衛艦で導入された遮浪甲板型を採用し、機関には蒸気タービンを搭載し、33ノットの速力を得た。(3050トン)

海自初の艦対空ミサイルシステムとして、当時米海軍で採用されつつあったターターシステムを導入した。

ja.wikipedia.org

本システムは、後にイージスシステムが採用されるまで、デジタル化等の改善を重ねながら長らく海上自衛隊の基幹艦対空システムとして、本艦を皮切りに「たちかぜ級」、「はたかぜ級」護衛艦に搭載された。

他の主要兵装としては、主砲には前出の50口径3インチ連装速射砲2基を搭載し、その他対潜兵器としてはヘッジホッグと対潜誘導魚雷を搭載していた。

後にアスロック(後述)8連装発射機を追加装備し、対潜能力を向上させ、次世代護衛艦と火力を同等にするなどの改装を受けた。

(104mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装。アスロック等最後を再現してみた)

f:id:fw688i:20190921200452j:image

  

DDK やまぐも級護衛艦(1966- 同型艦:前期型・後期型 6隻)

ja.wikipedia.org

Yamagumo-class destroyer - Wikipedia

第2次防衛力整備計画で前期型3隻、3次防・4次防で後期型3隻が建造された。

建造に当たっては、次級である「たかつき級」護衛艦との役割分割が構想され、いわゆるハイ・ロー・ミックス構成として、本級はDDK(対潜業務)として設計された。(前期型2050トン・後期型2150トン)

船体遮浪甲板型を採用し、機関にはディーゼルを採用した。採用された機関は、小型の艦型による少ない燃料搭載にも関わらず長い航続距離をもたらしたが、一方で27ノットの速力に甘んじざるを得なかった。

(90mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20190921200755j:image

兵装としては、海自で初めてアスロックを搭載した。

ja.wikipedia.org

アスロックは対潜誘導魚雷をミサイルの先端に弾頭として搭載したもので、発射後は、事前に入力された飛翔距離で弾頭(魚雷)が切り離され、パラシュートにより軟着水した魚雷が捜索パターンで目標を探知し撃破する、というものであり、着水後の魚雷による目標補足能力の活用から、従来の対潜ロケットとは次元の異なる長射程での攻撃が可能となった。(射程:800-9100m)

当初は専用の8連装ランチャーからの発射が主流であったが、ターター・システム(Mk.26 GMSL)、あるいはVLSなどからの発射も可能となった。

 

他の兵装としては、主砲には既述50口径3インチ連装速射砲2基を搭載、対潜兵器としてこれも既述71式ボフォース・ロケット・ランチャー、対潜誘導魚雷を搭載した。

 

DDA たかつき級護衛艦(1967- 同型艦 4隻)

ja.wikipedia.org

Takatsuki-class destroyer - Wikipedia

第2次防衛力整備計画で、前出の「やまぐも級」護衛艦で既述の通り、「やまぐも級」とのハイ・ロー・ミックス構成の構想の下、有力な対空・対潜戦闘能力を持つ多目的護衛艦(DDA)として4隻が建造された。

(106mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20190921200845j:image

船型は海自標準となってきた感のある遮浪甲板型を採用し、主機には蒸気タービンを搭載し、32ノットの速力を得た。 

 

主砲には新型の54口径5インチ単装速射砲(Mk.42)を採用し、これを艦首・艦尾に1基づつ計2基を搭載した。

ja.wikipedia.org

本砲は毎分40発という高い射撃速度を誇り、23000メートルに達する射程距離と、同時に導入された全自動FCS(射撃指揮装置)と併せて、強力な防空圏を構成することができた。

他の兵装としては、既述71式ボフォース・ロケット・ランチャー、対潜誘導魚雷、アスロックに加え、さらに長距離の射程を目指しDASH無人対潜攻撃ヘリコプターを装備した。

ja.wikipedia.org

アスロックを超える長い射程の確保に期待されたDASHであったが、本家の米海軍では事故が多発するなど不評であり、1969年に運用が中止され、これに連動して部品の供給等は停止した。これに伴い、海自でも運用が中止された。

 

FRAM改装

これまでに記述したように、本級は非常に有力な戦力であったが、ミサイル化の流れの中で装備には陳腐化が目立つようになった。一方で、急速な新戦力整備にも限界があるため、FRAM(艦隊再建近代化計画)の名の下に、同級の「たかつき」「きくづき」に対して大規模な改装が行われ、当時新鋭のはつゆき級と同等の戦力化が目論まれた。具体的な内容としては、艦尾部の5インチ砲、これも艦尾部にスペースを取っていたDASH関連装備を撤去し、短SAM(シースパロー)、ハープーン艦対艦ミサイル、20mmCIWS、および種々の電子装備の換装、追加などが行われ、8年程度の艦齢延長を目指した。

(直下はFRAM改装後のたかつき級。Amature Wargame Figuresの3Dモデルをベースに、武装SNAFU store製のWeapopn setから転用)

f:id:fw688i:20190921200300j:image

(FRAM改装前後のたかつき級を比較。奥がFRAM改装後。改装前のたかつき級は艦尾部に大きなDASH運用スペースが取られている事がよくわかる)

f:id:fw688i:20190921202721j:plain

 

DDK みねぐも級護衛艦(1968- 同型艦3隻)

ja.wikipedia.org

Minegumo-class destroyer - Wikipedia

前出の「やまぐも級」護衛艦タイプシップとして、DASHを主兵装とした対潜護衛艦として建造された。(2100トン)

 

船型・機関は「やまぐも級」護衛艦に準じたが、後甲板をDASH 運用スペースとしたため、上部構造の配置が変更され、煙突が一本になった。(28ノット)

(90mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに、アスロック搭載後を再現するために艦尾にアスロック8連装発射機を追加。主砲塔等をSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20190921203045j:plain

兵装も「やまぐも級」に準じ、50口径3インチ連装速射砲、71式ボフォース・ロケット・ランチャー、対潜誘導魚雷そしてDASHを搭載した。既述のようにDASHは本家の米海軍での運用中止に伴い、海自でも運用が止められ、アスロックに換装された。

 

(直下の写真はやまぐも級とみなぐも級を比較したもの。ほぼ同様の装備ながら、武装の配置に大きな差が見られる。手前がやまぐも級)

f:id:fw688i:20190921202646j:plain

 

DDE ちくご級護衛艦(1971- 同型艦 11隻)

ja.wikipedia.org

Chikugo-class destroyer escort - Wikipedia

第3次防、4次防で、周辺防備を主目的としたDEとして、11隻が建造された。

同目的の前DEクラスである「いすず級」DEに準じ、遮浪甲板型船型を持ち、主機にディーゼル機関を採用した。(1470トン 25ノット)

(75mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20190921202429j:plain


1400トン足らずの小ぶりな船体ながら、兵装は「やまぐも級」DDKに準じた強力なものであった。主砲には50口径3インチ連装速射砲を搭載し、補助に40mm連装機関砲を艦尾に装備した。対潜兵器としてアスロックと対潜誘導魚雷を搭載している。

(直下の写真は、乙型(小型・沿岸用)護衛艦2級の比較。奥がちくご級。対潜ロケットからアスロックへの対潜兵装の変遷がよくわかる

f:id:fw688i:20190921202501j:plain

 

護衛隊群の整備・ DDHの登場

護衛隊群 

貿易立国をその成長基盤とした急速な経済成長は、シーレーン防衛の重要さへの意識を高めた。

3次防・4次防の整備計画で、海上自衛隊の編成の基幹単位として、シーレーン防衛を担う護衛隊群の編成方針が徐々に確立した。

 

海上自衛隊は、その黎明期から洋上航空兵力の運用を検討し続けていた。

設立当初には、既に米海軍よりヘリ空母の貸与の申し出があったが、海自は時期尚早としてこの申し出を受けなかった。

1960年代に入り、当時の仮想敵であったソ連海軍の原潜配備の進展等により潜水艦脅威が増大した背景を受け、 改めてヘリコプター搭載護衛艦の建造が具体的に検討された。

先行する知見から、有効な対潜戦闘には4機のヘリコプターが必要であり、4機の常時運用体制を確立するためには、一個護衛隊群に最低6機のヘリコプター搭載能力が求められた。

 

各護衛隊群は、対潜水艦戦闘に有効な複数の対潜ヘリコプターの運用能力を有し、あわせて艦対空誘導ミサイルをその中核に据えた高い対空火網を構成する能力を有することを目指し、新造護衛艦群が建造された。

 

 DDH はるな級ヘリコプター搭載護衛艦(1973- 同型艦 2隻)

ja.wikipedia.org

Haruna-class destroyer - Wikipedia

(124mm in 1:1250 Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapon setに換装。就役時の姿を示している。艦後部を広いヘリコプター発着甲板と、ハンガーが占めている)

f:id:fw688i:20191006202633j:plain

「はるな級」護衛艦(DDH)は、 上記の護衛隊群の中核を担う艦として、海上自衛隊が初めて建造したヘリコプター搭載護衛艦である。(4700トン)

3機の対潜ヘリコプターを搭載し、艦後部に対潜ヘリコプター運用のための整備・格納庫と発着甲板を備えている。このタイプの護衛艦2隻を中核に護衛隊群を構成し、本稿の冒頭に述べた対潜ヘリ6機の運用体制を確保する、というのが本艦導入の基本構想であった。

船体の形態としては、自衛艦に定着した感のある遮浪甲板型をもとにその後端をカットした長船首楼型を採用し、ほぼその後部半分がデッキハンガー(整備・格納庫と発着甲板)で占められている。機関は蒸気タービンを搭載し、31ノットの速力を発揮した。

艦前部には、54口径5インチ単装速射砲(ライセンス生産の73式)を2基搭載し、あわせて対潜装備としてアスロックランチャーを搭載した。他に対潜誘導魚雷の短魚雷発射管を搭載していた。

 

FRAM改修

1980年代に、後継の「しらね級」ヘリコプター搭載護衛艦に同等の能力を得るべくFRAM改修(艦隊再建近代化計画)が行われ、戦術情報処理システムの搭載、電波兵器の更新等に加え、個艦防御尿力の向上を目指しCIWS(20mmバルカン機関砲)と短SAM(シースパロー)が追加搭載された。

(直下の写真はFRAM改修後のはるな級の姿。艦橋部がやや大型化し、武装の追加が行われた)

f:id:fw688i:20191005162131j:image

ja.wikipedia.org

 シースパローは、近距離での個艦防空を担う対空ミサイルである。ターターシステム等の艦隊防空システムが、おおよそ16kmから40kmのレンジをカバーして艦隊(護衛隊群)全体に防空火網を形成するのに対し、シースパローは8km-18km程度の範囲で個艦と僚艦程度の範囲をカバーする。その名の示す通り元々は航空機搭載用の対空ミサイルを艦載型に改良したものである。 

 

ja.wikipedia.org

 20mmバルカン機関砲と小型追尾レーダーの組み合わせで、小型の高速飛来目標を全自動で迎撃できるようにしたシステムである。有効射程は1.5km程度とされ、艦隊防空システム、僚艦防空ミサイルが撃ち漏らした飛来目標に対する最終火網を担当する。

発射速度は毎分4500発とされているが、弾倉の装填数は1500発程度で、20秒程度で撃ち尽くしてしまう計算になる。再装填には30分程度を要するため、波状的な襲撃に対しては弱点があるとする声もある。

 

f:id:fw688i:20191006202924j:plain

(直上の写真は、FRAM改修で追加された武装。上段:大型化した艦橋部とCIWS。下段:ハンガー上部に追加されたSAM(シースパロー)発射機) 

 

DDG たちかぜ級ミサイル護衛艦 (1976- 同型艦 3隻)

ja.wikipedia.org

Tachikaze-class destroyer - Wikipedia

(115mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装。アスロック等最後を再現してみた)

 f:id:fw688i:20191005162204j:image

本級は、ミサイル護衛艦「あまつかぜ」に次ぐ、第二世代のミサイル護衛艦(DDG)として3隻が建造された。

「あまつかぜ」に続き、ターターシステムを搭載し、これと主砲に採用した54口径5インチ単装速射砲(ライセンス生産の73式)2基をあわせて、護衛隊群の防空の要の役割を担った。

船体は護衛艦標準の遮浪式甲板型を採用し、蒸気ボイラーを主機としている。(3850トン、32ノット)本級の最終艦「さわかぜ」は、護衛艦として蒸気タービンを採用した最後の護衛艦となった。

上記の主要な対空兵装以外に、対潜兵器として、「しらね級」と同様に、アスロック8連装発射機と短対潜誘導魚雷を装備している。さらに後日、CIWS2基が追加装備され、近接防空能力も向上された。

同級3隻のうち、最後に建造された「さわかぜ」では、対空ミサイルの発射装置(Mk13)が更新され、ハープーン対艦ミサイルも発射できるようになった。

ja.wikipedia.org

Mk 13はランチャーの直下に40発のミサイル弾庫を保有し、1分間に約7発のミサイルを発射することができる。

 

 

DDH しらね級ヘリミサイルコプター搭載護衛艦(1980- 同型艦 2隻)

ja.wikipedia.org

Shirane-class destroyer - Wikipedia

(127mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをストレートに組んでみた)

f:id:fw688i:20191005162226j:image

本級は、海上自衛隊が建造した第二世代のヘリコプター搭載護衛艦(DDH)である。

基本的に前級「はるな級」の拡大改良版であり、イージス艦の登場まで、海上自衛隊護衛艦では最大の艦でもあった。(5200トン、32ノット)

船型は、「はるな級」に準じ遮浪甲板型をもとにした長船首楼型であり、前半部に主砲等武装を搭載し、後半分には、「はるな級」と同様、対潜ヘリ3機の整備・運用のためのハンガーデッキとなっていた。機関もはるな級同様、蒸気タービンを搭載している。

基本武装も、「はるな級」と同じく54口径5インチ単装速射砲(ライセンス生産の73式)を2基、主砲として搭載し、あわせて対潜装備としてアスロックランチャーと短対潜誘導魚雷を装備した。個艦防空武装としてはCIWS2基と短SAM(シースパロー)を最初から装備していた。

f:id:fw688i:20191005162419j:image

(DDH2代:はるな級(左) しらね級(右))

 

 

DDE 護衛艦いしかり(1981- 同型艦なし)

ja.wikipedia.org

JDS Ishikari - Wikipedia

 

DDE ゆうばり級護衛艦(1983- 同型艦 2隻)

ja.wikipedia.org

Yūbari-class destroyer escort - Wikipedia

(71mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装)

f:id:fw688i:20191005162728j:image

ここで紹介する、護衛艦「いしかり」およびその拡大改良型である「ゆうばり級」護衛艦は、ともに、主として北方配備を想定して建造された沿岸警備用護衛艦(DDE)である。

当時、特に北方海域で仮想敵と想定されたソ連海軍は、艦対艦ミサイルを装備した大型対潜巡洋艦き加え、同じく艦対艦ミサイルを主兵装としたミサイルコルベットなど小型艦の配備傾向が見られ、これに対抗するために艦対艦ミサイルを装備した護衛艦の導入が求められた。

「いしかり」および「ゆうばり級」には、艦対艦ミサイルハープーンが特徴的な4連装キャニスター形式で、自衛艦として初めて搭載された。

ja.wikipedia.org

艦対艦タイプのハープーンは約140kmの射程を持ち、発射時に与えられた目標の位置データに向けて完成誘導されたのち、最終段階で自らの搭載レーダーによるアクティヴ・ホーミングにより目標に突入する。

 

また「いしかり」は自衛艦として初めて機関をガスタービンにした記念すべき艦でもある。小型の艦型へのガスタービンの採用により、その船型は中央船楼型となり、この船型は「ゆうばり級」でも踏襲された。

ハープーン以外の兵装としては、対潜装備としてボフォースロケットランチャーと短対潜誘導魚雷を装備している。

主砲には62口径3インチ単装速射砲(76mmコンパクト砲)を、これも自衛艦としては初めて採用した。

ja.wikipedia.org

高い速射性能を持つ速射砲を小型軽量で優れた動作性を有する砲塔に搭載した個艦防御用の無人速射砲システムで、1分間に85発の発射速度を誇っている。(スーパーラピッドタイプでは1分間に120発)砲塔直下に回転式の弾倉を2層、もしくは3層備え、弾丸を供給する。

コンパクトで軽量な特性から、ミサイル艇などの小型間にも搭載可能である。

 

いしかり:1290トン 25ノット

ゆうばり型:1470トン 25ノット

 

 

DD はつゆき級護衛艦 (1982- 同型艦 12隻)

ja.wikipedia.org

Hatsuyuki-class destroyer - Wikipedia

(104mm in 1:1250  Hai製モデルをベースに主砲塔のみSNAFU store製のWeapopn setに換装。アスロック等最後を再現してみた)

f:id:fw688i:20191005162922j:image

先述の、各3機の対潜ヘリを搭載するDDH「はるな級」、「しらね級」各2隻の就役により、 海自の理想とする対潜ヘリ6機運用可能な2個護衛隊群を保有することができた。

しかし、シーレーン防衛のためには、海自には4個護衛隊群の運用が必要とする構想があり、引き続き対潜ヘリ搭載能力の充実を構想に入れた新造護衛艦の建造が構想された。

この時期、長らく護衛隊群の主力を務めてきた第一世代の護衛艦が引退の時期を迎えつつあり、その代替である次級護衛艦の「はつゆき級」には、対潜ヘリ搭載能力が求められた。

「はつゆき級」は12隻建造され、その就役後には、4個護衛隊群全てが、ヘリ搭載護衛艦:DDH1隻(対潜ヘリ3機搭載)、対空担当艦としてミサイル護衛艦:DDG2隻(もしくは多目的自衛艦DDAを加える)、汎用護衛艦「はつゆき級」3隻(対潜ヘリ各1機搭載、計3機)、対潜護衛艦:DDK2隻の編成が可能となり、対潜ヘリ6機の運用能力を保有することになる。いわゆる8艦6機体制の護衛隊群を4個揃えることができるのである。

 

「はつゆき級」護衛艦は、遮浪甲板型を基にした長船首楼型の船型を持ち、海上自衛隊で初となるオール・ガスタービン推進方式を導入した。(2950トン 30ノット)

その兵装は、非常に充実している。

対潜兵装としては、1機の対潜ヘリに加え、アスロック発射ランチャーと、短対潜誘導魚雷を搭載した。さらに対艦兵装として、艦対艦ミサイルハープーンの4連装キャニスターを両舷に1基づつ搭載した。

対空兵装としては、主砲として62口径3インチ単装速射砲(76mmコンパクト砲)を搭載し、加えてSAM(シースパロー)発射機を艦尾に1基、個艦防御兵器としてCIWSを両舷に1基づつ搭載した。

これらの強力な兵装を、戦闘情報処理装置と連携し戦闘システムを構築した、海上自衛隊初のいわゆるシステム艦であるとされている。

 

 

DDG はたかぜ級ミサイル護衛艦 (1986- 同型艦 2隻)

ja.wikipedia.org

Hatakaze-class destroyer - Wikipedia

(120mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをストレートに組んでみた)

f:id:fw688i:20191005163837j:image

本級は、護衛隊群の対空防御の要となるべく、第三世代のミサイル護衛艦(DDG)として2隻が建造された。

船型は遮浪甲板型を基にした長船首楼型であり、主機には「たちかぜ級」で検討されながら搭載に至らなかったガスタービンエンジンを採用した。(4900トン、30ノット)

本級は、前級「たちかぜ級」ミサイル護衛艦の3番艦「さわかぜ」が搭載したターターD・システムを、その主要兵装として搭載している。「あまつかぜ」、「たちかぜ級」DDGが全て艦後部にミサイルシステムを搭載しているのに対し、本級では艦首部に発射機を搭載している。これは護衛隊群を防御するために、全部搭載艦と後部搭載艦でペアを組ませる構想であったと言われている。

この対空誘導ミサイルシステムと、主砲に採用した54口径5インチ単装速射砲(ライセンス生産の73式)2基をあわせて、護衛隊群の防空の要の役割を担った。

これら対空兵装以外に、対潜兵装としてアスロック発射機と短対潜誘導魚雷を搭載、さらに艦対艦ミサイルハープーンの4連装キャニスターを2基、個艦防御用としてCiWS2基を搭載している。艦後部にはヘリコプターの発着甲板が設けられたが、ハンガー等の設備はなく、従って対潜ヘリの搭載能力はない。

f:id:fw688i:20191005164129j:image

(DDG3代:手前から、あまつかぜ、たちかぜ級、はたかぜ級)

 

f:id:fw688i:20191005163959j:image

(DDG3代:左から、あまつかぜ、たちかぜ級、はたかぜ級)

 

 

DD あさぎり級護衛艦(1988- 同型艦 8隻)

ja.wikipedia.org

Asagiri-class destroyer - Wikipedia

(109mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをストレートに組んでみた)

f:id:fw688i:20191005163240j:plain

 

初めてのヘリコプター搭載能力を持たせた汎用護衛艦であった「はつゆき級」は、前述のように万能な戦闘力を持った優れた艦であったが、比較的小さな艦型に多くを盛り込み、船体に搭載システムの更新等に対する余裕があまりない結果となった。

このため「あさぎり級」では、「はつゆき級」と装備に対する要求は同じながら、艦型を大型化し、余裕を持たせる設計とした。(3500トン、30ノット)

兵装は「はつゆき級」をほぼ踏襲し、62口径3インチ単装速射砲(76mmコンパクト砲)、AM(シースパロー)発射機1基、個艦防御兵器としてCIWSを両舷に1基づつ、アスロック発射ランチャー、短対潜誘導魚雷、艦対艦ミサイルハープーンの4連装キャニスター2基等を搭載している。

ハンガーが大型化され、艦載ヘリの定数は1機のままであるが、必要に応じ、2機までは運用できるようになった。

 

本級8隻の就役で、海上自衛隊は、「はつゆき級」と合わせて20隻の対潜ヘリ搭載汎用護衛艦保有することになり、各護衛隊群あたり5隻の配置が可能となった。これにより、各護衛隊群はDDH1隻、DDGまたはDDA2隻、汎用護衛艦(DD)5隻の編成となり、ここに8艦8機体制が可能となった。(新八八艦隊と呼称されることもある)

f:id:fw688i:20191005163312j:image

(汎用護衛艦DD:2代 あさぎり級(左)、はつゆき級(右)。あさぎり級は船体ははつゆき級よりも大型化したが、艦橋部は一層低い構造であることがよくわかる)

  

DDE あぶくま級護衛艦 (1989- 同型艦 6隻)

ja.wikipedia.org

Abukuma-class destroyer escort - Wikipedia

(88mm in 1:1250  Hai製モデル、ほぼストレート

f:id:fw688i:20191005164449j:image

新八八艦隊世代に対応した、沿岸警備用小型護衛艦として、1990年代に相次い配備された。

ヘリコプターの搭載能力を除けば、「はつゆき級」汎用護衛艦とほぼ同等の装備を搭載した。 (2000トン、27ノット)

主砲に62口径3インチ単装速射砲(76mmコンパクト砲)、個艦防御兵器としてCIWSを艦尾に1基、対潜兵装としてアスロック発射ランチャー、短対潜誘導魚雷、さらに艦対艦ミサイルハープーンの4連装キャニスター2基等を搭載している。

f:id:fw688i:20191005164502j:image

(DE4代 手前からいすず級、ちくご級、ゆうばり級、あぶくま級)

 

イージス艦の登場  

ターターシステムからイージスシステムへ

既述のように、海上自衛隊シーレーン防衛を担う基幹単位として護衛隊群を構想、整備し、理想とする護衛艦8隻と搭載ヘリコプター8機からなる8艦8機編成、4個護衛隊群の保有を、1980年代後半に実現した。

8艦8機編成における各護衛隊群は、一般的には、DDH(ヘリコプター搭載護衛艦:ヘリ3機搭載)1隻、DDG/DDA(ミサイル護衛艦・対空戦闘担任艦)2隻、汎用護衛艦(ヘリコプター1機搭載)5隻 からなる。

この各護衛隊群の艦隊防空を担うのが、DDG2隻(もしくはDDG+DDA)であり、艦対空システムとして、永らくターターシステムがその主力防空システムであった。1960年代に建造されたミサイル護衛艦「あまつかぜ」で初めて導入され、続く「たちかぜ級」ではシステムのデジタル化、戦術情報処理装置が導入され、さらに「はたかぜ級」ではCIC化、機関のガスタービン化などにより、一応の完成形と評価されるに至った。

しかし一方で、仮想敵の機載対艦ミサイルの著しい発展、さらには発射プラットフォームである攻撃機自体の性能向上、電子戦機の導入などから、同時に1-2目標への対応を想定した従来のシステムでは性能上対処困難な事態が想定されるようになった。

こうした要請から、イージスシステムを搭載した護衛艦の導入が検討され始める。(システムの詳細は、下記のリンクに委ねたい)

ja.wikipedia.org

イージスシステム(Aegis Weapon System: AWS)は、ターターシステムなど従来のいわゆる防空システムの枠にとどまらず、レーダー等のセンサーシステム、情報処理システム、武器システムを全て連結した統合的戦闘システムである。

同時に128目標を補足・追跡し、脅威度の大きい10目標程度を特定し迎撃することが、自動でできる。

このシステムへの接続は、イージスシステム搭載艦にとどまらず、他の機器搭載艦艇とも接続可能で、従って、個艦の武器システムのみでなく、例えば導入護衛隊群全体の武器システムによる艦隊防空が可能となる。

 

DDG こんごう級イージス護衛艦(1993- 同型艦4隻)

ja.wikipedia.org

Kongō-class destroyer - Wikipedia

海上自衛隊初のイージスシステム搭載ミサイル護衛艦である。 

米海軍の同じくイージスシステム搭載艦であるアーレイ・バーク駆逐艦タイプシップとし、艦型・機関ともこれに準じている。

併せて、本級から、従来DDHが担っていた護衛隊群旗艦が同級に移管されることとなったため、上部構造および艦型も大型化した。(7250トン、30ノット)

(129mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをほぼストレートに組んだもの)

f:id:fw688i:20191014102654j:image

本級の中核的な装備となるのはもちろんイージスシステム(AWS)であるが 、そのセンサーシステムの中心的な役割を負う多機能レーダーは、艦橋の4面に固定された巨大なパッシブ・フューズドアレイアンテナに象徴され、これに上記の旗艦施設などを加え、非常に重厚な上部構造物を構成している。

これに連動するミサイル発射機はMk. 41 VLS(垂直発射機)を艦首甲板に29セル、艦尾甲板に61セルを装備している。

f:id:fw688i:20191014101810j:image

(Mk.41 VLS こんごう級艦首甲板の29セルと艦尾甲板の61セル。VLS前方には主砲として装備されたオート・メララ製54口径5インチ単装速射砲(127mmコンパット砲)が写っている)

 

ja.wikipedia.org

他に対空兵装としては、主砲にオート・メララ製の54口径5インチ単装速射砲(127mmコンパット砲)を装備し、近接個艦防空用に2基のCIWSを艦上部構造の前後に保有している。

ja.wikipedia.org

対潜兵装としては、前述の艦首部のMk.41 VLSに垂直発射型のアスロック(VLA)を装備し、併せて対潜短魚雷発射管を両舷に装備している。

ja.wikipedia.org

対艦兵装としては、艦対艦ミサイルハープーンを4連装ランチャーで2基装備している。

 

DDGとして前級に当たる「はたかぜ級」DDGと同様に、艦後部にはヘリコプターの発着甲板が設けられたが、ハンガー等の設備はなく、従って固有の対潜ヘリコプターは保有しない。

 

 DD むらさめ級護衛艦(1996- 同型艦9隻)

ja.wikipedia.org

Murasame-class destroyer (1994) - Wikipedia

汎用護衛艦の第二世代として、「むらさめ級」は9隻が建造された。現在の護衛隊群の基準構成艦となっている。

兵装等の装備は前級と同様を想定しながら、搭載電子機器類の増加への対応や、ヘリ運用能力の強化、居住性改善等の要請から、船体は大型化した。(4550トン、30ノット)

(120mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをほぼストレートに組んだもの)

f:id:fw688i:20191014101819j:image

前述のように、兵装は前級である「あさぎり級」とほぼ同様である。

砲熕兵器としては、主砲に62口径3インチ単装速射砲(76mmコンパクト砲)、個艦防御兵器としてCIWSを両舷に1基づつ搭載している。

主要対潜装備としては短対潜誘導魚雷発射管とアスロックを装備し、対空兵装としてはSAM(シースパロー)を、いずれも垂直発射式で搭載している。

アスロックは艦首部のMk. 41 VLS 16セルに搭載されている。

ja.wikipedia.org

SAM(シースパロー)は、艦中央部にMk. 48 VLS 16連装のキャニスターに収容された。

ja.wikipedia.org

いずれも、搭載弾数は前級と同様ながら、いずれもVLS搭載とすることで、即応発射弾数は倍になった。

f:id:fw688i:20191014101813j:image

(前部甲板に装備されたMk.41 VLS 16セル:アスロック用と、艦中央部に装備されたMk.48 VLS 16キャニスター:シースパロー用)

 

艦対艦兵装としては、従来のハープーンに替えて国産の90式対艦誘導弾を4連装キャニスター2基に搭載している。

ja.wikipedia.org

 

加えて1機の対潜ヘリコプターを固有の搭載兵装として保有したが、ハンガーは「あさぎり級」よりも大型化され、「あさぎり級」ではあくまで応急的な運用とされていたのに対し、2機運用を想定したものとな離、実際にソマリア派遣等の際には2機運用が実施されている。

f:id:fw688i:20191014110948j:image

(艦尾部のヘリコプター発着甲板と大型化したヘリハンガー)

 

DD たかなみ級護衛艦(2003- 同型艦5隻)

ja.wikipedia.org

Takanami-class destroyer - Wikipedia

第二世代の汎用護衛艦として前級「むらさめ級」は建造されたが、本級はその最小限の改正型として建造された。前級の「むらさめ級」、次級の「あきづき級」と共に、現在の護衛隊群の基準構成艦となっている。(4650トン、30ノット)

その主たる改正点は、Mk.41 (アスロック用)とMk.48(シースパロー用)の2種のVLSの併載の解消による運用の合理化と、主砲射撃能力の向上の要請への対応、更に前級で可能となったヘリコプター2機運用体制への本格的対応等であった。

(120mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをほぼストレートに組んだもの)

f:id:fw688i:20191014102539j:image

兵装は基本的に前級「むらさめ級」に準じるが、VLSは艦首部のMk. 41 32セルに統合され、 主砲は「こんごう級」と同様のオート・メララ製の54口径5インチ単装速射砲(127mmコンパット砲)を搭載した。

f:id:fw688i:20191014111100j:image

(艦首甲板のMk.41 VLS 32セル :たかなみ級ではVLSを艦首部の一か所にまとめて装備した。セル数の増加で装備方法が変更され、甲板よりも一段上がった装着方法となった。VLS前方には主砲として装備されたオート・メララ製54口径5インチ単装速射砲(127mmコンパット砲)が写っている)

 

ヘリの2機運用体制については、前級「むらさめ級」では1条であったRAST発着艦支援装置の機体移送軌条を2条とし、さらに上記の「むらさめ級」では艦中央部、ハンガー前部に隣接していたシースパロー用のMk. 48発射機を、艦首部に統合移設したことから生まれたスペースでハンガーを拡大、ヘリ運用スペースやヘリ用の弾庫の拡大により本格的な2機運用体制を充実させた。

f:id:fw688i:20191014103001j:image

(艦尾部のヘリコプター発着甲板と大型化したヘリハンガー)

 

f:id:fw688i:20191014103318j:image

(艦尾部のヘリコプター発着甲板:むらさめ級(上)では1条だったRAST発着艦支援装置の機体移送軌条が、たかなみ級(下)では2条に追加されたことがわかる)

 

当初計画では、本級を11隻建造し、8艦8機編成を充足する予定であったが、実際には5隻で打ち切られ、新装備を搭載した次級の建造に移行することとなった。

f:id:fw688i:20191014102609j:image

(第二世代汎用護衛艦比較:むらさめ級(右)とたかなみ級(左)。主砲、VLS配置を除き、全体の配置は非常によく似ている。最小限の改正、ということか

 

 

DDG あたご級イージス護衛艦 (2007- 同型艦2隻)

ja.wikipedia.org

Atago-class destroyer - Wikipedia

海上自衛隊の2代目のイージスシステム護衛艦である。護衛隊群の8艦8機編成の維持にあたり、退役する「たちかぜ級」DDGの代替艦として建造された。

基本的には前級「こんごう級」の性能向上型であり、船体後部にハンガーを設けヘリコプター搭載能力を付加したことにより艦型がさらに大型となった。(7750トン、30ノット)

(131mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをほぼストレートに組んだもの)

f:id:fw688i:20191014103842j:image

 

イージスシステムは下位ユニットも含めバージョンアップされたものになっており、性能は向上している。

ミサイル発射機はMk. 41 VLSを前部甲板に64セル、艦尾部のヘリハンガー上部に32セルを搭載している。また近接防御兵器としてはCIWS2基を「こんごう級」同様、艦上部構造の前後に配置している。

f:id:fw688i:20191014103917j:image

(Mk.41 VLS あたご級艦首甲板の64セルと艦尾ヘリコプターハンガー上の32セル。本級から前部、後部のそれぞれの装填用クレーンが廃止された。上の写真にはあたご級から採用された主砲62口径5インチ単装砲(Mk. 45)が写っている)

 

対潜兵装は「こんごう級」と同じく垂直発射式のアスロックをMk. 41 VLSに収め、さらに対潜短魚雷3連装発射管を両舷に装備している。

対艦兵装としては、前出の汎用護衛艦と同様、ハープーンに替え国産の90式対艦誘導弾を装備、さらに主砲として62口径5インチ単装砲(Mk. 45)が装備されている。

ja.wikipedia.org

「あたご級」の兵装変更の最大の目玉は既述の通りヘリコプター搭載能力の付加であり、艦後部にはヘリコプターハンガーが設けられた。

f:id:fw688i:20191014103935j:image

(あたご級の追加装備の目玉、艦尾部のヘリコプター発着甲板と大型ヘリコプターハンガー)

 

全通甲板型護衛艦(空母型DDH)の登場

 

潜水艦の静粛化、高性能化を想定する場合、多数のヘリコプターを搭載する空母型護衛艦保有は、海上自衛隊にとって、多年の念願であった。本稿で既述ではあるが、遡れば、古くは海上自衛隊発足時に既に米海軍からはヘリ空母として運用可能な小型空母の貸与の申し出があった。

併せて、冷戦終結後の複雑化する周辺の国際状況、非正規軍事勢力への対応等を想定した場合、あるいは要請が高まりつつある国際平和活動、災害救援活動等にも、機動性に富む多数の航空機運用が可能な艦艇の保有は、次第に必要性の度合いを高めた。

こうして、いよいよ海上自衛隊は空母型DDHを中心とした編成の時代を迎えるのである。

 

 DDH ひゅうが級ヘリコプター搭載護衛艦(2009- 同型間2隻)

ja.wikipedia.org

Hyūga-class helicopter destroyer - Wikipedia

海上自衛隊が初めて導入した空母型(全通甲板型)ヘリコプター搭載護衛艦(DDH)である。最大の特徴は、なんと言っても多数のヘリコプターの運用能力がある事で、固有の搭載機こそ、「はるな級」DDHや「しらね級」DDHと同様に3機であるが、格納甲板には8機分の収納スペースが確保されており、最大10機のヘリコプター運用能力があるとされている。

併せて、護衛隊群司令部の収容に対応する司令部施設も設計当初から組み込まれており、高い通信機能等も保有し、災害時の対策本部機能、海外派遣時の統合任務部隊の司令部機能などへの活用が期待されている。

これらを具現化するために、船体は非常に大型化し、護衛艦としては初めて基準排水量が10000トンを大きく超える大型艦となった(13950トン、30ノット)。

(158mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをほぼストレートに組んだもの)

f:id:fw688i:20191020114200j:image

 

同級DDH、いわゆる通常の航空機の運用に特化した「空母」と異なる点は、Mk.41 VLS 16セルから、対空・対潜ミサイルを発射する護衛艦としての戦闘能力を有し、併せて対潜短魚雷発射管も保有しているところである。

加えて個艦防御用には、2基のCIWS保有している。

f:id:fw688i:20191020114647j:image

(直上の写真は、飛行甲板最後尾に配置されたMk.41 VLS)

 

DD あきづき級護衛艦(2012- 同型艦4隻)

ja.wikipedia.org

Akizuki-class destroyer (2010) - Wikipedia

「むらさめ級」(9隻)、「たかなみ級」(5隻)と続いた汎用護衛艦第二世代の発展形として4隻が建造された。現在の護衛隊群の基準構成艦となっている。(5100トン、30ノット)

イージス艦への要請が、周辺有事の変化により艦隊防空から弾道ミサイル防衛(BMD:Ballistic Missile Defense)に拡大する事によって、BMD対応時には両立の難しいAWSを汎用護衛艦で対応しようとの目的で、僚艦防空の能力を備えるFCS-3A射撃システムを中核とする防空システムを搭載している。

(121mm in 1:1250 F-Toys 現用艦船キットコレクションをほぼストレートに組んだもの)

f:id:fw688i:20191020114702j:image

大小1組から構成されるFCSー3A多目的レーダーを艦上部構造の、艦橋とヘリコプターハンガー上の4面に貼り付けて装備しており、ステルス性を意識した形状となった。

f:id:fw688i:20191020114727j:image

(直上の写真は、艦上部構造の4箇所に貼られたFCSー3A多目的レーダーアンテナ)

 

兵装は、基本的に「あたご級」DDGに準じ、艦首部のMk. 41 VLS 32セルに、発展型シースパロー(ESSM)と垂直発射型アスロック(VLA)を搭載、 主砲には62口径5インチ単装砲(Mk. 45)、対艦兵装として90式対艦誘導弾の4連装キャニスター2基、さらに対潜兵装として対潜短魚雷3連装発射管を両舷に装備、個艦防空用にCIWS2基を搭載している。 

ja.wikipedia.org

f:id:fw688i:20191020114824j:image

(艦首部の主要兵装。Mk. 41 VLS 32セル:発展型シースパロー(ESSM)と垂直発射型アスロック。 主砲:62口径5インチ単装砲(Mk. 45)。CWIS)

 

f:id:fw688i:20191020114951j:image

(艦後部のヘリハンガー)

ヘリコプターの搭載定数は1機、しかし2機までの運用が可能である点は、「たかなみ級」と変わらないが、着艦拘束装置(RAST)が省力化に対応したものに更新され、着艦誘導支援装置が搭載されている。ハンガーは「たかなみ級」よりも大型化された。 

 

DDH いずも級ヘリコプター搭載護衛艦(2015- 同型艦2隻)

ja.wikipedia.org

Izumo-class multi-purpose operation destroyer - Wikipedia

前級「ひゅうが」級をさらに大型化し、航空機運用能力や多用途性を強化したものとなっている。「ひゅうが」級の船体を排水量で6000トン、長さにして51m拡大し、搭載機数も固有の艦載機を7機、最大搭載機数を14機とした。(19500トン、30ノット)

一方で個艦戦闘能力は抑えられ、近接戦闘用のCIWS2基とSea RAM近SAMシステム2基を搭載するのみとなった。

ja.wikipedia.org

固有武装を最小限にした背景には、同級はもはや単独での運用を想定されておらず、すなわち常に他の護衛艦を伴い、その旗艦機能果たすことを想定されている。従って、前級「ひゅうが」級で設定された司令部施設は充実されており、100名規模の統合任務部隊司令部が収容できる多目的スペースを有している。

 

(202mm in 1:1250  写真は「いずも級」DDHをベースに3D Printing メーカー、Amature Wargame Figures(Nomadire)さんにスキージャンプを追加して作成したいただいた空母「いぶき」。ベースは「いずも級」であるため、大きさはほぼ同じ。搭載機も同様、3D Printing メーカーさん(SNAFU Store:   SNAFU Store by Echoco - Shapeways Shops)によるもので、F-35JBの他に、X-47Bという無人機(下の写真では、ブリッジ後方の黒っぽく塗装されている数機)を搭載している、という設定になっている。(多分、オリジナルの設定はそんなことにはなっていないと思います。ヘリはF-toysのモデルから流用) 

f:id:fw688i:20190608211239j:image

www.shapeways.com

 

(もちろん、「いずも」もモデルは存在します。下の写真は、3D Printing Modelのメーカーであり、私も大変お世話になっているAmature Wargame Figures(Nomadire)さんのサイトから転用させていただいています。私の作ったものではありませんが、ご容赦ください)

f:id:fw688i:20191020100313j:image

www.shapeways.com

 

DD あさひ級護衛艦(2018- 同型艦2隻)

ja.wikipedia.org Asahi-class destroyer - Wikipedia 

「あきづき級」に続き、第二世代汎用護衛艦の最終形として2隻が建造された。本級の建造により「むらさめ級」9隻、「たかなみ級」5隻、「あきづき級」4隻と併せ、第二世代汎用護衛艦の建造数は20隻となり、海上自衛隊の基幹単位である8艦8機(新八八艦隊)編成の4個護衛隊群に必要な汎用護衛艦を全て第二世代で賄うことも、理論上は可能となった。

本級は「あきづき級」をベースとして新型ソナーシステムを搭載し対潜戦闘能力を強化する一方で、僚艦防空の能力を省いたシステムを搭載したタイプとなっている。

主機には、護衛艦として初めて電気式推進を主推進としたハイブリッド推進機関(COGLAG)を搭載している。これは低速時、巡航時にはガスタービン発電を用いた電気式推進を用い、高速時にはガスタービンエンジンによる直接機械駆動も併用する形式で、燃費に優れるとされている。(5100トン、30ノット)

兵装は「あきづき級」と同じで、艦首部のMk. 41 VLS 32セルに、発展型シースパロー(ESSM)と垂直発射型アスロック(VLA)を搭載、 主砲には62口径5インチ単装砲(Mk. 45)、対艦兵装として90式対艦誘導弾の4連装キャニスター2基、さらに対潜兵装として対潜短魚雷3連装発射管を両舷に装備、個艦防空用にCIWS2基を搭載している。 

ヘリコプターの運用については、搭載機定数1、搭載能力2機は「あきづき級」に準じるが、RASTの機体移送軌条は、2条から1条に改められており、洋上での2機の同時運用は現実的ではない。

(121mm in 1:1250 3D Printing メーカー、Amature Wargame Figures(Nomadire)のキット。マストと兵装の一部はF-toysのキットから転用) 

f:id:fw688i:20191006202105j:image

www.shapeways.com

 

DDG まや級イージス護衛艦(2020- 同型艦2隻)

ja.wikipedia.org

Maya-class destroyer - Wikipedia

「まや級」DDGは、「はたかぜ級」DDG の代艦として建造されたイージスシステム搭載ミサイル護衛艦(DDG)である。本級の建造で、海上自衛隊の4個護衛隊群は、その艦隊防空をそれぞれ2隻のイージス艦で賄う事が可能となる。

本級は「あたご級」DDGの設計を基本として、推進機関を電気推進(COGLAG)に改めたものである。これに伴い、関係がやや大型化した。(8200トン、30ノット)

搭載するイージスシステムは、弾道ミサイル防衛(BMD:Ballistic Missile Defense)により対応力を向上させたバージョンを搭載している。

兵装は「あたご級」に準じたものを搭載している。

主砲として62口径5インチ単装砲(Mk. 45)、対艦兵装としては、国産の90式対艦誘導弾を4連装キャニスター2基に装備、さらに主砲として62口径5インチ単装砲(Mk. 45)が装備されている。

前甲板にMk . 41 VLSを64セル、艦尾部のヘリハンガー上部に32セルを搭載、ここからSMー2, SMー3併せて垂直発射型のアスロックを発射する。対潜兵装として対先端魚雷発射管を2基、艦の両舷に配置し、また近接防御兵器としてはCIWS2基を、艦上部構造の前後に配置している。

固有の搭載ヘリコプターは保有しないが、艦後方のハンガーでは2機の運用が可能である。

(137mm in 1:1250 3D Printing メーカー、Amature Wargame Figures(Nomadire)のキット。マストと兵装の一部はF-toysのキットから転用)

 f:id:fw688i:20191006202041j:image

www.shapeways.com

 

そして、DDHからDDV(固定翼機搭載型護衛艦)へ 

既に前出の「いずも級」DDH 竣工前から本級での固定翼機搭載の可能性が議論されていた。防衛省の公式見解としては、検討の事実すら否定しているが、本級が最も近い距離にある事は間違いない。

「いずも級」で実現するかどうかはさておき、本稿では既にDDV「いぶき」が登場しており、これを再度紹介しておくこととしたい。

 

ja.wikipedia.org

正確には、本稿での「いぶき」は、オリジナルの設定通り「いずも型護衛艦」にスキージャンプ台形式の飛行甲板をつけたもので、例によって「いずも型護衛艦」のモデルを既に上市されていた3D Printing メーカーさんにジャンプ台の追加をリクエストし、制作していただいた。

www.shapeways.com

製作者のAmature Wargame Figures(Nomadire)は、主として第二次大戦以降のいわゆる現用艦(もしくは計画艦)に多くの作品があり、スケールも実に多岐にわたるラインナップを揃えていらっしゃる。今回のリクエストのような既成モデルの改変、あるいはスケール間のコンバージョンにも比較的気楽に対応してくださるので、大変ありがたく利用させていただいている。

モデルの素材は、White Natural Versatile Plasticというやや柔らかめで粘度のある樹脂で、下地処理をした後、普通に塗装ができる。(私の場合にはサーフェサーで下地処理をしたのち、エナメル塗料で塗装をしています。基本、全て筆塗りです)上掲の写真の通り、マスト、CIWS、SeaRAMなどの対空火器も全て一体整形された完成形で手元に届いた。下記の写真ではマストのみ、F-toys製のストックモデルと交換し、仕上げた。

搭載機も同様、3D Printing メーカーさん(SNAFU Store:   SNAFU Store by Echoco - Shapeways Shops)によるもので、F-35JBの他に、X-47Bという無人機(下の写真では、ブリッジ後方の黒っぽく塗装されている数機)を搭載している、という設定になっている。(多分、オリジナルの設定はそんなことにはなっていないと思います。ヘリはF-toysのモデルから流用)

 

(Ibuki: 26,000t, CWIS *2, SeaRAM *2, F-35JB *15 etc, 202mm in 1:1250)

f:id:fw688i:20190608211239j:image

 

kuboibuki.jp

www.youtube.com

 

第五護衛隊群

DDV「いぶき」は、コミックでの設定では、海上自衛隊第5護衛隊群の所属となっている。

現在、海上自衛隊には4つの海上護衛隊群があり、それぞれがDDH(ヘリ搭載型護衛艦)1隻、DDG(誘導ミサイル搭載型護衛艦)2隻、DD(汎用護衛艦)5隻、計8隻の護衛艦で編成されている。(かつては、この8隻に8機の対潜ヘリが搭載されるような護衛隊群構成となった時期があり、「新88艦隊」などと呼ばれた)

海上自衛隊護衛艦隊

コミックでは、DDV(航空機搭載型護衛艦)「いぶき」を中心に、第五護衛隊群は新編成され、DDG:イージス護衛艦「あたご」「ちょうかい」、DD:汎用護衛艦「ゆうぎり」「せとぎり」、AIP潜水艦「けんりゅう」、さらに補給艦「おうみ」がこれに所属する、という設定となっている。

f:id:fw688i:20190608212243j:image

(直上の写真は、第5護衛隊群の一部:奥からDD「せとぎり」、DDV「いぶき」、DDG「あたご」と同型の「あしがら」、潜水艦「けんりゅう」)

 映画版ではDDG「あたご」は「あしたか」、DDG「ちょうかい」は「いそかぜ 」、汎用護衛艦「ゆうぎり」「せとぎ理」はそれぞれ「はつゆき」「しらゆき」、潜水艦「けんりゅう」は「はやしお」として登場する。

それぞれの詳細については、既に本稿の以下の回でご紹介していますので、そちらをご覧ください。

fw688i.hatenablog.com

fw688i.hatenablog.com

 
f:id:fw688i:20190609190552j:image

直上の写真は、DDV「いぶき」とDDG「やまと 」。前述のように、DDV「いぶき」を中心に、第五護衛隊群が編成される。第五護衛隊群はその機動性から紛争地域周辺に展開されることが多く、イージス艦「やまと」も、持ち前のその戦闘力から、この護衛隊群に組み入れられることが多かった。